シェードテイキングの必要条件がこんなに!難しいよ

皆さん、こんにちは
歯科販売.comの担当者です。


シェードテイキングはなんでしょうか。
Quint Dental Gate(https://www.quint-j.co.jp)によって、シェードテイキングとは、歯冠修復の際に術者が患者の歯とシェードタブの色とを比べる(比色する)行為をさ。
その目的は、おもに歯冠修復物を患者の希望あるいは術者の意図する色に近づけることにある。

 

一見見ると、結構簡単ですね。
しかし、「比色」は一番とても大切です。

もし、正確に判断していなかったと、時間がかかっただけではなく、お客様のご希望に応じしていないんですね。

では、「比色」を行う条件はなんでしょうか

観察者色覚正常者でなければならない

2、メガネには無色透明のレンズを使用しなければならない

3、観测が長時間に及ぶ場合歯、数分間隔の周期で目を休める

4、照明も重要が一つの原因です。それに、一般的に、変わりにくいです。よく昼光を利用しますが、この昼光が時々に変化しいますので、また、天候によって変化して、不安定な光源です。

1-3の要因が人為で、変れますが。

4が自然要因で、どうやって変わりますか。
実は、技術の進歩によって、「歯科シェードマッチングLEDライト」という光を調整できる器具がありあます。

歯科販売.comの「歯科シェードマッチングLEDライト」は3種類の光源:日光、室内光、周辺光。色を分析する過程に、 影を避けり、正常にシェードテイキングするかどうかを確認できます。

f:id:tyowukin:20180913160404j:plain

また、日中の太陽光と同じ光色(5500K(ケルビン))を発するLED装備により、時間や天気に左右されることなくスマイルライトは安定した自然な光を提供することができます。

f:id:tyowukin:20180913160426j:plain

周辺光に左右されず自然な光でシェードテイキングが可能 です。

販売サイト:http://www.shikahanbai.com

もし、ご興味がございましたら
是非、ご利用くださいませ。また、当サイトでは、他の製品エアタービンハンドピースも取り扱っております。

歯の健康と治療技術の進歩

皆さん、こんにちは

今回、歯の健康と治療技術の進歩について、説明いたします。

調査によって、高齢者を対象として「残っている自分の歯の本数」というものは年々伸びてきています。これは、生活レベル向上するだけではなく、歯科の治療技術が日々向上していることにも関係がありますね。

虫歯治療の例から見ると、虫歯になってしまった場合、もちろん、自然治癒することはありません。歯科エアータービンを使用して、病巣部分を削り取ってから、光重合器 照射器を使って金属やプラスチックといった歯材で補填する必要があります。

f:id:tyowukin:20180821165355j:plain

また、近年、口腔内カメラと呼ばれる歯科治療に使われるカメラのような機材を使って患部をipadに映してして確認することができます。

その機械を使って、虫歯となってしまった部分を取り残すことなく細部までチェックすることが可能となりました。また、使われる歯材のクオリティーも向上しています。従来は、金属で裏打ちしたプラスチックや銀歯を使うことが主流でした。

それに、以前、歯の型をとり人の手で作りあげます。現在、カメラやパソコンを使って電子的に分析して作る方法ができてました。すごく便利になりましたよね。

他に、以前、歯科医院はお門に痛みを抑えるための治療・炎症を抑えるための治療を中心として行います。近年では、虫歯や歯周病といった病気を治すための歯やお口の健康維持をサポートする「ケアクリニック」としての診療方針を持った歯科医師が多くなりました。

また、インターネットで調べると、たくさんの歯科セミナーや勉強会があります。参加が以前よりも身近になったことで、国内の歯科医師全体の水準が上がっていると考えられます。
最後、弊社では、今「LY®LED光重合器C240D(ライトメーター、ホワイトニング機能付き)」という製品がセールしています。

光重合器として使うだけではなく、ホワイトニング照射器としても使います。
一度充電で毎回10sで照射すると、約300回ほど使用することができます。
セール価格:13000円(税込)日本全国送料無料!
もし、ご興味がございましたら
是非、歯科販売.comへいらっしゃいませ!!

オートクレーブ滅菌機械について

皆さん、こんにちは

今回、オートクレーブ滅菌機械について、説明いたします。

歯科医院では、口と直接に接触する器具が多いため、もし、滅菌しないと、院内感染する可能性があります。

また、滅菌するのは単なる手で拭くことだけではなく、オートクレーブという専門機械で滅菌します。
この機械は基本セット(ピンセット、ミラーなど患者さんごとに必ず使う器具のセット)と呼ばれる器具類や外科器具など特定の器具を完全滅菌することができます。

原理としては内部を飽和蒸気によって高温高圧で滅菌できます。

f:id:tyowukin:20180821165355j:plain

また、130度以上という高温かつ高圧の蒸気が隅々まで行き渡ることで手洗いでは不十分な器具や器材の細かなところまでしっかり洗浄し、細菌や微生物を死滅させるため、煮沸よりも効率的に滅菌効果を得ることができます。

 

多くの歯科医院では、洗浄不十分の機械をこの機器で、滅菌処理を施しています。

また、減菌器の使用にご注意しないと、滅菌処理を施しています。などの器具にダメージを与えますので、滅菌する前に、下記のことに気をつけてください。

1、滅菌器の庫内に器具を詰め込みすぎず、蒸気が上から下へ通りやすいように配列して下さい。ヒーター(熱源)の近くは、設定温度以上になる場合があります。

2、製品の耐熱温度を確認した上、滅菌を行います。

3、水道水の中に含有される塩素により金属を腐食させる恐れがあります。できるだけ、水道水を使用しないで、純水をご使用下さい。


ここで、歯科販売.comの「Sun® 高圧蒸気滅菌器オートクレーブ 18L-II」を紹介させていただきます。

滅菌温度/時間は任意設定が可能ですが、滅菌法の規定以下の温度/時間の組み合わせの場合は、マイコン制御でエラー音を出して運転を行わせない安心機能です。

真空状態では、高圧蒸気滅菌器オートクレーブ18Lは「-p」表示している、高圧蒸気滅菌器オートクレーブ 18L-IIは負圧が表示しています。

製品の詳しい情報>>>Sun® 高圧蒸気滅菌器オートクレーブ 18L-II


もし、もっとオートクレーブ 歯科に関して了解したいなら、歯科販売.comへいらっしゃいませ。

虫歯になる細菌の働きや繁殖を高める原因は

皆さん、こんにちは


今回、虫歯になる細菌の働きや繁殖を高める原因について、説明いたします

ご存知のように、虫歯の根本の原因は、ミュータンス菌をはじめとする細菌です。しかし、誰でも口に細菌があります。もし、細菌を細菌の働きや繁殖を高めると、虫歯になりやすいです。

f:id:tyowukin:20180109162558j:plain

では、細菌の働きや繁殖を高める原因はなんでしょうか

1、糖分の多い食生活

糖分は細菌が働く栄養といいます。甘いものをよく摂取していたり、だらだらと長い時間摂取していたりすると、細菌の働きが高まって虫歯が発生するリスクが高まってしまいます。

しかしながら、一定の糖分の摂取が体のバランスを維持して、虫歯にならないんです。また、細菌によってつくられた酸は、唾液の作用によって中和されますエアタービンハンドピース


2、口腔内細菌の種類と数

口の中に細菌が存在しない人がいない、つまり、誰でも口の中に細菌があります。しかし、細菌数が多くなると、虫歯の発生リスクも高くなります。口腔内細菌には種類があり、虫歯の発生にかかわる細菌や歯周病の発生にかかわる細菌もあれば、良い働きをする細菌もいます。もし、良い働きをする細菌数が悪い細菌数より少ない場合、虫歯の発生リスクが高くなります。

3、唾液の分泌量

過度なストレス状態、アルコールの過剰摂取、喫煙習慣、加齢などによって唾液の分泌量が違います。もし分泌量が少なくなると、酸の中和作用や再石灰化の働きが弱まり、虫歯になりやすい口内環境となってしまいます。

最後、弊社のセール製品「最新 Denjoy®タッチスクリーン根管長測定器 iFinder」をご案内させていただきます。
セール価格:54,900円(税込)日本全国送料無料です。

特徴として、

高精度のタッチスクリーンLCD搭載し、独立なキャリブレータテスト装置内蔵で、測定器は精密的に測定出来ない際、自動的に予備部品や制御部の操作をチエックできます。

ミニSDメモリーカードで付き、データを問題なく保存できます。
タッチスクリーン式とボタン式、二つの操作方法、便利です。
折りたたみで、マルチアングルステー付きで角度調整自由です

購入>>>最新 Denjoy®タッチスクリーン根管長測定器 iFinder

もし、もっと情報を了解したいなら、歯科販売.comへいらっしゃいませ。

 

虫歯を放置して起こるトラブル

皆さん、こんにちは

今回、虫歯を放置して起こるトラブルについて、説明いたします


肺炎

虫歯菌は、気管から臓器に侵入するケースもあります。これは、睡眠中などに口腔内にて増殖した虫歯菌が気管を通り肺に入り込むことで肺炎を引き起こす「誤嚥性肺炎」と呼ばれるものです。

心筋梗塞

f:id:tyowukin:20180731171530j:plain

虫歯菌が血液だけでなく心臓にまで入り込むと心筋梗塞になる可能性が出てきます。
心筋梗塞は発症すると致死率は20%を超えると言われてるので、この段階まで虫歯を放置してると人生詰みます。

強い口臭の原因になるエアタービンハンドピース
虫歯を放置すると、その穴に溜まった食べかすなどが腐り、強い口臭を発生させる原因になります。

腐敗した神経から細菌がばらまかれる

神経が死滅。死滅した神経が腐敗。腐敗した神経から細菌がばらまかれる。

こんな感じで症状は進行していくのですが、このばらまかれる細菌がやばいのです。

細菌は顎の骨に侵入し、顎の骨に細菌が侵入してしまうと骨髄炎を引き起こしてしまいます。


激しい痛みがでる
虫歯は初期の段階ではほとんど痛みはありませんが、次第に冷たい物や熱いものがしみてきます(C2程度)。

しかしそのうち噛むだけで痛んだり、何もしなくても痛んだりし始めます。その痛みも激しさを増し、いずれは夜も眠れないほどになってきます(C3からC4)。

 

使用した歯科タービンの減菌流れ

皆さん、こんにちは
今回、使用した歯科タービンの減菌流れについて、説明させていただきます。

使い捨てが用意できるものは1人1人で使い捨て、できないものは確実な洗浄・滅菌が必要になりました。

ちゃんと洗浄・消毒してから滅菌、この流れが大切です。

では、減菌の流れはなんでしょうか

1、予備洗浄
流水で針刺しに気をつけながら器具の洗浄を行います。予備と付きますがここがとっても大切です。

2、超音波洗浄

蛋白分解能力のある薬液に着けながら洗浄できます。しかし、エアタービンハンドピースが超音波洗浄器で洗浄するなら、本体にダメージに与えますので、手洗浄をお勧めます。
手洗では不可能な80℃近い熱水で長時間洗浄することで「洗浄力」も飛躍的に上がります。

f:id:tyowukin:20180806172735p:plain

3、滅菌器で減菌

オートクレーブ 歯科はクラスB・クラスS・クラスNの3種類に分けられています。1番凄いのはクラスBです。

この滅菌器を用いて普段の口に入るミラーからピンセットなどありとあらゆる物を滅菌しています。


4、綺麗なところに置いて、次回治療する際に、使用します。

今、約7割の医院がタービンという切削機器を使いまわしているというものでした。

口の中に入り、歯科治療でも中心的役割をするこの機械も非常に注意深く洗浄・滅菌しています。

歯ぎしりの対処法について

皆さん、こんにちは、

今回、歯ぎしりの対処法についてについて、説明いたします
歯ぎしりを放置すると、意外と危険であることがおわかりいただけたかと思います。
次は、歯ぎしりに対してどんな治療が可能なのか見てみましょう。

マウスピース治療
自分専用のマウスピースを就寝時につけることにより、歯や顎への負担を減らすことができます。
歯科医院でマウスピースを作製してもらいます。歯ぎしりが強い場合、マウスピースに穴が空くことがあります。市販されているマウスピースは、使い方を間違えると噛合わせをずらしてしまう原因になりかねません。歯科医院で自分にあったマウスピースを作成しましょう。

f:id:tyowukin:20180731171530j:plain

噛み合わせの調節

噛み合わせの不具合が、うまく噛めないことによるストレスを起こし、歯ぎしりにつながることがあります。
そのため歯ぎしりの治療では、噛み合わせについてもミクロ単位で調節することで、口腔環境を改善する場合が多くあります。エアタービンハンドピース

薬物療法による噛み合わせ治療で歯ぎしりを改善

薬による治療法は、噛み合わせの際に使われる筋肉の緊張を少なくし、できるだけ余分な力が働かないようにすることも効果があります。薬物治療で用いられるジアゼパムやメトカルバモールなどの薬は効果的な薬ですが、常習性や副作用があるので一時的な使用のみで、長期間の使用はできないという欠点があります。歯医者さんと相談しながら状態に合わせて処方してもらうことが大切です。